記事掲載情報(読売新聞オンライン)

おはようございます。読売新聞オンラインの記事「防災力をアップデート(上)」で「エコ・ファースト パーク」が紹介されました。是非ご一読ください☆

http://www.yomiuri.co.jp/matome/shinsai5/20180412-OYT8T50037.html

☆生きものの庭に・・・☆

こんにちは。

3月になり暖かくなってきて少しずつ春を感じられる日が増えてきましたね。

 

そんな中、エコパにかわいいお客様がご来場♪

Neko2

「風の家」
の前の日当たりのいい場所で日向ぼっこしていました。

Neko

「生きものの庭」は鳥や虫だけでなく、猫にとってもすごしやすい場所になっているんですね。

Image1

木々には徐々につぼみがでてきました。

画像のミツバツツジは4~5月頃に咲く紅紫色の花が美しく

 花が終わってから葉が出てきます。

 枝先に三枚の葉がつくことから、この名前がついています。

春が近づくにつれて少しずつ様々な鳥や虫たちが「生きものの庭」に来てくれます。

もしかしたら、この猫とも出会えるかもしれませんね。

 

ぜひご来場いただき、「生きものの庭」にどんな生き物が来るのか

 どんな植物が咲いているのか

 太陽の光を建物内にたくさん取り込む「風の家」がどのくらい暖かくなるのかご体験いただきたいと思います。

 

お待ちしております。

★歓迎 古河市立水海小学校5年生★ ♫元気いっぱい・素敵KIDSのご来場♬

おはようございます!

いつもエコ・ファーストパークのブログをご覧いただきまして

誠にありがとうございます!

立春も過ぎ少しずつ春が近づいて来ていますねcherryblossom

 

先日、エコ・ファースト パーク近隣の

古河市立水海小学校5年生の皆さまがご来場されましたhappy01

 

915に到着されましたが、朝から元気いっぱい!

素敵な笑顔・大きな声で朝の挨拶をしてくれて

私たちスタッフは朝からとても嬉しくなりましたnote

 

そしていよいよご見学スタート!

Img_3516

最初にウェルカムホールにて環境ってなんだろう?

みんなで一緒に考えました。「エコ!」「自然!」などそれぞれの考えを

発表してくれて、学校で学習されている事が皆の知識としてしっかり身について

いるんだな~と感じました。

そして学校で知識となったモノを、次にエコ・ファーストパークで

体感していただくことに☆!!


ミッションは・・


「知って守ろう、ぼくらの地球!」

家庭からでるCO2を無理なく減らして

快適な生活を送りながら地球温暖化ストップ

 

 

畳解体分別・森林の大切さ・自然を使ってCO2を抑える・ゼロエネルギーハウスなど様々な方面からご体感いただきましたshine

Img_3540_2

Img_3521

あっと言う間の2時間でしたが、皆さんの心に少しでも届いていると嬉しいです。今回の2時間で興味があった部分を、次は夏休みの自由研究などで研究してみるのも楽しいと思います!もし自由研究などで調べる機会がありましたら是非、私たちスタッフにも教えてくださいね!

 

まだインフルエンザも流行っております。

みなさん、体調には十分お気をつけくださいね!

またみなさんにお目にかかれる日を、スタッフ一同楽しみにしています♪

 

☆筑波大学「Recycle size,Recycle life」作品展示☆

現在、エコ・ファースト パークでは筑波大学のデザイン演習

Recycle size, Recycle life 2017』の作品を展示しています!Img_1632_20171213175607

【お子様の居所をつくる】をテーマにしているそうです。

 
Img_0420

Img_0419

 

それぞれおもしろい特徴をもった家具になっています。

 

筑波大学からのメッセージです。

 

『デザインという仕事には、限られた素材を使って、ある価値観のもとで、自分以外の人が使うモノを作るという側面があります。

 

筑波大学芸術専門学群「デザイン演習3」では、積水ハウス株式会社と共同プロジェクトとして、積水ハウス エコ・ファーストパークの素材を用いた子供向け家具の作成を試みました。

 

学生は78日にエコ・ファーストパークを見学し、その日に利用可能なリサイクル素材を確認後、その場で図面を作成し、材料を購入いたしました。その後、「エコ」「子供向け」「安心・安全」「豊かな暮らし」をキーワードに1カ月ほどで作品を完成させました。

 

ご覧いただければ幸いです。』

 

メッセージの中に、「積水ハウス エコ・ファースト パークの素材」とありますが、これは当社の建築現場で出た廃棄物をエコパ内の「資源の泉」に回収し、きちんと分別することで資源にリサイクルする活動を推進しており、そのリサイクルした素材のことです。筑波大学の学生の皆さまの豊かな発想で、素敵な家具に生まれ変わりました。

 

1カ月で作成したものとは思えないものばかりです!

 おもしろいデザイン且つエコな家具を是非、実際に見に来てください。

簡単に鳥の見分けができるようになる、ものさし鳥 -日常の優しい時間-

皆さま、こんにちは!
いつも、エコ・ファースト パークのブログをご覧いただきまして

ありがとうございますhappy01

今日は『ものさし鳥』についてご紹介したいと思います。
皆さま、『ものさし鳥』という言葉を耳にした事がありますか?
『ものさし鳥』とは、鳥を憶える際に文字通り『ものさし』と
する鳥です!

鳥の見分け方は慣れていないと、とても難しいと思いますが
身近な『ものさし鳥』を憶えることにより、たくさんの鳥を
憶える事ができます。

【ものさし鳥の例】

  ●キジバト全長33センチ
   Photo_5


 ●ムクドリ全長24センチ
   Photo_6

 ●スズメ全長14.5センチ
   
2_3

 

たったこれだけで
 

●「大きさはスズメとほぼ同じだけれど、羽は緑がかった褐色で尾がV字に
  割れているからカワラヒワだ!」
●「大きさはムクドリとほぼ同じだけど、ピョンピョン跳ねるのでツグミ!」

などと、すぐに分かるようになるそうです。

このお話をしている私は、実は・・そんなに鳥には興味がなかったのですが・・
この『ものさし鳥』を憶えるようになってからは
鳥に出会うのが本当に楽しみです。

通勤途中や何となくお部屋から外を眺めた時に
「あっ!」っと気がつく瞬間はとても癒しの時間になりますshine

どこかに外出したりショッピングも好きですが
鳥を知るようになってからは癒しの時間をわざわざ作らなくても
日常の中に癒しの時間が生まれてきました
notes

今日は皆さまにもこの、「日常の優しい時間」を
ご体験いただきたくご紹介させていただきました
note

 

 

 

 

 

«2018年 あけまして おめでとうございます